【歌詞和訳】Queen “Innuendo”

“Innuendo”

 

One, two, three, four.

While the sun hangs in the sky, and the desert has sand.
While the waves crash in the sea and meet the land.
太陽は空につるされ、砂漠には砂が
波が海でぶつかり、地面に届く

While there’s a wind and the stars, and the rainbow.
‘Til the mountains crumble into the plain.
星と風が存在し、虹も
山々が平原に衝突するまでの間

Oh, yes, we’ll keep on trying
Tread that fine line.
そうだ、俺たちは挑戦し続ける
正しい道を歩き続ける

Oh, we’ll keep on trying. Yeah!
Just passing our time.
俺たちは挑戦し続けるんだ
時間が過ぎ去っていくのみ

While we live according to race, color or creed.
While we rule by blind madness and pure greed.
俺たちが人種や肌の色、宗教の下で生きている限り、
俺たちが暴走する狂気や純粋な貪欲さのみで支配する限り、

Our lives dictated by tradition, superstition, false religion.
Through the eons, and on and on.
俺たちの人生は伝統や迷信、悪しき宗教によって支配される
未来永劫、永遠に

Oh, yes, we’ll keep on trying.
We’ll tread that fine line.
その通りだ、俺たちは挑戦し続ける
正しい道を歩き続ける

Oh, we’ll keep on trying
‘Til the end of time.
‘Til the end of time.
俺たちは挑戦し続けるんだ
時間が終わるときまで
永遠に

Through the sorrow, all through our splendor.
Don’t take offence at my innuendo.
悲しみの中、輝きの中
俺の皮肉を攻撃と思わないでくれ

You can be anything you want to be.
Just turn yourself into anything you think that you could ever be.
君はなりたいもの何にでもなれる
なれると君が思うもの何にでも君自身を変えればいいんだ

Be free with your tempo, be free, be free.
Surrender your ego. Be free, be free to yourself.
君の自由なテンポで、自由に、自由に
エゴなんて捨ててしまえ、自由に、自分自身を

Ooh, ooh.

If there’s a god or any kind of justice under the sky,
If there’s a point, if there’s a reason to live or die,
もし空のもとに神や正義のようなものがあったなら
もし生きることや、死ぬことに関して重要な点や理由があったなら

If there’s an answer to the questions we feel bound to ask,
Show yourself, destroy our fears, release your mask.
もし俺たちが訪ねなければならないと感じる質問に答えがあったなら
自分自身をさらけ出せ、俺たちの恐怖を破壊し、マスクを手放すんだ

Oh, yes, we’ll keep on trying.
Hey! Tread that fine line.
その通りだ、俺たちは挑戦し続ける
正しい道を歩き続ける

Yeah, we’ll keep on smiling. Yeah!
And whatever will be, will be.
そうだ、俺たちは挑戦し続ける
そしてやがて起こりうることは、起こる

We’ll just keep on trying.
We’ll just keep on trying
俺たちは挑戦し続ける

‘Til the end of time,
‘Til the end of time,
‘Til the end of time.
最期の時まで、最期まで

 


≪ひとこと≫
重厚な曲です。途中のスパニッシュギターのパートはイギリス出身のプログレを代表するバンド、イエスのスティーブ・ハウが客演しているそうです。ビデオもまた素晴らしいものです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください