【歌詞和訳】Daft Punk “Giorgio By Moroder”

“Giorgio By Moroder”

 

When I was fifteen, sixteen, when I started really to play the guitar.
I definitely wanted to become a musician.
私が15か16だったころ、本気でギターを弾き始めた
本気でミュージシャンになりたかった

It was almost impossible because it was, the dream was so big that
I didn’t see any chance because I was living in a little town.
その夢は大きすぎてほぼ実現不可能だったし
小さい町に住んでたからチャンスも訪れることはなかった

I was studying and when I finally broke away from school and became musician.
I thought “Well, I may have a bit of a chance.”
私は勉強してたけど結局学校から逃げ出してミュージシャンになった
「さて、これでチャンスは広がったかな」って思った

Because all I ever wanted to do is music but not only play music but compose music.
私がやりたたかったのは音楽だけど、演奏するだけじゃなくて作曲もしたかったから

At that time, in Germany, in 1969-70, they had already discotheques
So I would take my car and go to a discotheque, sing maybe thirty minutes
I think I had about 7-8 songs.
当時、ドイツで、1969年から70年、そこにはもうディスコがあった
だから私は車でディスコまで行った、30分は歌ったかな
7,8曲は持ち曲があったと思う

I would partially sleep in the car because I didn’t want to drive home and that helped me for about almost two years to survive.
車で寝泊まりしていた時もあった、家まで運転して帰りたくなかったし、それで2年は生き延びることができた

In the beginning, I wanted to do an album with the sounds of the 50s, the sounds of the 60s, of the 70s, and then have a sound of the future.
最初は、50年代のサウンドのアルバムが欲しかった、60年代のサウンド、70年代のサウンド、そして未来のサウンドになった

And I said, “Wait a second, I know the synthesizer. Why don’t I use the synthesizer, which is the sound of the future?”
私は言ったさ、「ちょっと待てよ、私はシンセサイザーを知ってるぞ。シンセサイザーを使おうじゃないか、未来の音がするんだしな」

And I didn’t have any idea what to do but I knew I needed a click so we put a click on the 24 track which then was synced to the moog modular.
私はアイデアも何も持ってなかったが、クリックが必要だったのは知っていた、だから私はムーグモジュレーターとシンクしたアナログ24トラックをクリックした

I knew that it could be a sound of the future but I didn’t realize how much impact it would be.
未来のサウンドになることは知っていたが、そのインパクトがどれくらいのものか私はわかっていなかった

My name is Giovanni Giorgio, but everybody calls me Giorgio
私の名前はジョバンニ・ジョルジオ、みんなはジョルジオと呼ぶ

Once you want to free your mind about a concept of harmony and music being correct, you can do whatever you want.
「ハーモニーの概念」や「正しい音楽」について心を自由にしたくなったときには、どんなことでも君の好きなようにやっていいんだ

So nobody told me what to do and there was no preconception of what to do.
だから誰も私にやり方なんか教えてくれなかったし、私のすることは予想されていなかった

 


≪ひとこと≫
ダフトパンクのインストにのせて超大御所のプロデューサーが自分の半生や美学について語る、これ以上にないかっこいい曲です。

One Reply to “【歌詞和訳】Daft Punk “Giorgio By Moroder””

  1. りんた より: 返信

    語りが曲のリズムと絡むと独特のノリというか、予期しないグルーヴみたいなのが出て好きです。話の内容、断片的にはわかってたのですが、おかげで全て意味が分かりました。
    あと、見出しと本文(一緒かな?)の英文字はなんてフォントですか?すごく素敵です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください